ようこそゲストさん

近況報告・新着info等〜ネットワーク活用実践室byおおそね

メッセージ欄

分類 【メモ録】 で検索

一覧で表示する

2018/05/20(日) 体組成バランス計を使い始めて

メモ録

taisoseikei_1.jpg taisoseikei_2_noru.jpg


 部屋の隅、ソファのわきにたたずむ体組成計《左写真》。カバーをはずして乗るだけで《右写真》のように自動で電源が入り、約10秒ほどで測定終了。とっても簡単!。

 とっても簡単!なので、朝食前のすっきり時と、夕食前のすっきり時の朝夕2回、毎日かかさず乗るようになって、あっという間に約2週間が経過しました。そこで、今日は、このようにモチベーションを上げ続けてくれるお気に入りの点など、メモがわりに少々綴ってみようと思います。

 こちらは測定データを取り込んだ直後のスクリーンショット画面。
 左から「マンゴー」「桃」「ひょうたん」タイプという順に並べてみました。

Screenshot_2018-05-12-06-33-14_3.png Screenshot_2018-05-18-06-41-03_2.png Screenshot_2018-05-20-05-33-27_1.png


「マンゴー」画面は約7〜8kgの荷物を抱えて乗ってみた際の表示で、「桃」の画面に出会ったのはまだ1〜2回ほど。どうやら体脂肪率をもとに、こんなアドバイスを出してくれているようで、「桃」と「ひょうたん」との境界は体脂肪率20%のあたり?という具合に、アドバイスのポイントも次第にみえてきたかなといったところです。

 そして、次のグラフはExcelに取り込んできた毎日の各種測定データの中から、『体脂肪率』と『体年齢』との関係をプロットしてみたものですが、

taisibou_nenrei.png


 グラフ化してみれば一目瞭然、『体脂肪率』と、からだの総合判定である『体年齢』とは、だいぶシビアに相関していそうだなと読み取ることができますね。
 さらに、Excelには毎日朝夕2回分のデータを入れ続けているので、いくつかの指標値を『出勤前の朝方』と『仕事帰りの夕方』とで比較してみたところ、
  • 適度な運動・活動をして過ごしてきた夕方は、出勤前の朝方に比べて、
    • 『体脂肪率が平均で約1.6ポイントも低い』
    • 『体年齢も同じく約1.5才ぐらい若い』
 ということもわかってきました。

体年齢・体内年齢について、参考になったサイトはこちらです

 出勤すれば、広々とした校舎内を約7〜8,000歩ほどの有酸素運動で歩き回って、10代の子どもたちと真剣勝負で向き合いながら過ごしているので、『出勤した日』と『ゆったりと家で過ごした日』あるいは『〇〇気味で体調不良だった日』などとで、いくつかの指標値を比べていけば、他にも有意な差がみつかるかも!という予感が実感に変わりつつある今日この頃です。

 以上、適度な運動や活動の結果が、こうしてダイレクトに数値として表示されるという点が、乗り続ける励みにつながってるんだろうなと実感し始めた次第。

 しかししかし、
 何よりも励みに感じているのが『体幹バランス年齢』という指標です。
 体幹バランス年齢とは、測定中の体のふらつき具合を測定して、筋肉量や年齢とともに、当社独自の考え方で算出しています。
 体幹バランス年齢は、その時の疲労度や集中力などに影響を受けますので、条件が変わると、測定値が変化します。
 ふらつきが大きいと「支える筋力が弱い」とみなし、高年齢の傾向になりますが、あくまでも目安としてご活用ください。
 とのこと。
 こちら(次の写真)が、うれしさをこらえつつ、シャッターを切った際の画面ですが、

taikanbransu_49sai.jpg


 60代も半ばに差しかかったわが身にとって、姿勢を正して測定すれば、この画面のように実年齢より10才以上も若い年齢で表示されるというのは、何よりの励みとなるもの。体幹を鍛えるスクワットにも自然と体が向くようになってきました(^^♪。。。

 ということで、気に入ってます。体組成バランス計EW-FA43(パナソニックの製品情報へ)
  • 購入の際、参考にしたレビュー記事
  • 購入の際に、決め手にしたポイント(順に)
    1. のるだけID・自分の記録をパスワードで保護できるシークレット機能
    2. 体幹バランス年齢(他機種にはないパナソニックの独自の表示機能)
    3. 大きく見やすいバックライト付きの液晶画面
  • そもそもの購入の動機
    • 自律神経研究の第一人者、小林弘幸先生の著書に接して(以下その一節)。
 『超一流の体調管理のためのもっとも簡単なコツは体重です。体重は、あなたの体だけでなく、食生活も含めたあなたの仕事ぶりや生活ぶりのすべてを客観的に映し出してくれる鏡です。神経質すぎる必要はありません。毎日体重計に乗る。プラスマイナス2キロを目安に自分のコンディションをキープしていくのが、一流の極意です。』
    • 乗り続けていくうちに、『体重』の先にある、より望ましい像(イメージ)が見えてきたかなという次第。

byおおそね


仙台市自宅のお天気カメラ・画像
▲こちらは自宅に設置のお天気カメラ画像です